子供時代から青春「時代の昭和20年「後半から昭和40年代にかけての遊び、おもちゃ、生活道具、グループサンズをはじめとした音楽、懐かしい屋台、食べ物などのレトロの思い出を紹介。

ダルマストーブ

ある所で、懐かしいダルマストーブを見ました。

昭和30年代から40年代にの小中学校の暖房はダルマストーブでした。
ダルマのような形をした鋳物製のストーブで冬の教室の唯一の暖房でした。

燃料として石炭を使うためブリキ製の煙突が教室の外へと天井を這うように
伸びて室外に煙を出していました。
現在のようにCO2の排出に伴う地球の温暖化の問題もない時代でした。

小学校は用務員さん(昔は学校に必ずいました)か先生がストーブに火を
つけていただいたような記憶があります。
中学になるとストーブ係が任命され貯炭所までバケツで石炭を取りに行き
火をつけるのでした。

時々はストーブの中の灰を下に落すために鉄棒でかき回すのです。
そのとき空気を取り入れるための小窓から見える真っ赤に燃えた炎が暖かさを
いっそう感じましたね。

外で遊ぶ昼休み以外の休み時間はストーブの回りが人垣状態でした。
最後の事業が終わるとストーブ係りは火を消して灰を所定の場所に捨てて
火が消えているのを点検してから帰るのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92581051

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。