子供時代から青春「時代の昭和20年「後半から昭和40年代にかけての遊び、おもちゃ、生活道具、グループサンズをはじめとした音楽、懐かしい屋台、食べ物などのレトロの思い出を紹介。

二宮金次郎


8月26日の埼玉県知事選挙の投票に暑くならないうちにと朝一番に出かけました。

投票所は私の母校の小学校ですので、投票を済ませ校庭を一周しました。

校庭の西南に小さな森のようになっていたところに薪を背負いながら

本を読む「二宮金次郎」の石造があり、側を通る子供たちに諭して

くれていたものでしたが・・・

もう既に月日も経過し(50年以上)何処にも金次郎の石造の姿を

見つけることは出来ませんでしたが・・・

昭和30年代歯どこの小学校の校庭にはあったようですが、今は

見かけませんね。

二宮金次郎(尊徳)は江戸時代に農民の子として生まれ、
貧しい少年時代を過ごしました。

彼は朝から晩まで真面目に働いていましたが、本を読む時間が
あったらその分働け、と家で勉強する時間がなかったのです。

そこで石像にあるように、薪を背負って本を読んで勉強した
のでした。

その勤勉さが小学生のよい例として取り上げられ、各地に
建てられたのではないでしょうか。

最近は二宮金次郎の格言(言葉)の本が人気となっていますね。
そのほかにも二宮金次郎関係の本の宣伝が多く見られますね。

     積小為大   二宮尊徳(金次郎)  
                         
毎日毎日の、小さなことを積み重ねて行くことが大きなことに
近づいていく近道なのです。
小事をおろそかにせずに努力を重ねていくことが大事なのですよね。

  
人気blogランキングへ

タグ:二宮金次郎
この記事へのコメント
突然ですが、もし、さしつかえなければ、
私のサイトに、あなた様の
ブログを登録していただけないでしょうか。
ランキングを楽しんだり、
さまざまなブログを拝見したり、
ブログライフの引き出しとして、
お願いできないでしょうか。
こちらのサイトです。
http://www.p-netbanking.jp
是非、御願いします。

Posted by magazinn55 at 2007年09月02日 16:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53248903

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。