子供時代から青春「時代の昭和20年「後半から昭和40年代にかけての遊び、おもちゃ、生活道具、グループサンズをはじめとした音楽、懐かしい屋台、食べ物などのレトロの思い出を紹介。

昭和30年代の端午の節句の思い出


5月5日はこどもの日で1948年に設定された休日ですね、この日は端午の節句を祝う日でもあります。

現在の端午の節句は庭の広い家では大きな鯉のぼりが風を請けて大きく空を泳いでおり、街中の家やマンションではベランダ用の鯉のぼりが泳いでいますね。
また、五月人形の鎧兜や武者人形の人気は豪華な暖飾りや平飾り、コンパクトな兜飾りなど種類も豊富なようです。

昭和30年代の物のない時代でしたので我家の近所には鯉のぼりの泳ぐ家も、五月人形を飾る家もありませんでしたね。
しかし、端午の節句が近づくと男の子は自分で包装紙などちょっときれいな紙を切り中を空洞に張り合わせて自家製の小さな鯉のぼりを作ったり、新聞紙を折って兜を作って、頭にかぶり楽しんでいました。

菖蒲の葉を入れた菖蒲湯も行っていましたね。
お風呂は木製の風呂で外の井戸からバケツで何回も運んで一杯にするのは重労働でしたね、そして薪で沸かす風呂でした。

柏餅やチマキの代用として母が小麦粉デ作った饅頭の皮の中にあんこを入れて包み、小豆とモチ米を一晩漬け込み水切りしたもち米を饅頭の上に乗せてむいて作る「いが饅頭」を作ってくれましたね。
※「いがまんじゅう」はまんじゅうに赤飯をまぶした物で、赤飯をまぶ
 した様子が、栗の いがのように見えることからその名が付けられま した。
 お祝いの席、祭りなどの行事の際によく作られました。

物がない時代でも端午の節句を結構楽しく祝っていましたね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117973751

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。