子供時代から青春「時代の昭和20年「後半から昭和40年代にかけての遊び、おもちゃ、生活道具、グループサンズをはじめとした音楽、懐かしい屋台、食べ物などのレトロの思い出を紹介。

割烹着と買い物かご


         


地球の温暖化に伴い世界的にCO2の排出量の削減がもとめられています。


環境問題への取り組みが企業業績に影響する時代となりそうです。
レジ袋の削減もおおきな社会問題になっています。
レジ袋の有料化や、マイバックの持参の呼びかけなどレジ袋の削減が環境・ごみの減量化・省資源の面からも求められていますね。
各地の字自体も地元のスーパーなどにレジ袋の有料化を要望するなどレジ袋の削減に取り組んでいます。
消費者の間にもおしゃれなマイバックの持参がかなり定着してきましたね。

昭和30年代前後の昭和の主婦は買い物には丈などで編んだ買い物かごを持って買い物に行っていましたね。
そういう面ではリサイクル社会が整備されていたのですね。

白い割烹着(今は見ることもありませんが)かエプロンを着て下駄履きで竹や籐で編んだ買い物籠を肘をくの字にして提げて、八百屋、魚屋、乾物屋などの各商店に買い物にいきました。

豆腐屋さんには小さな鍋やボールを持って1丁、2丁と買いに行きましたね。
母親に子供のころよくお使いに鍋を持って、歩いて豆腐を買いにやらされましたよ。
各商店の商品もそのままか・新聞紙・油紙に包んで渡していました。


物がなかった時代といえばそれまでですが、省資源・リサイクルがスムースに行われていた時代でもあったのです。
つい40年前の日本人が普通にやっていたことですから、一人一人がマイバックを持って買い物に行きましょう。


 即納 メール便速達送料無料も エンビロサックス [envirosax] ブランドエコバッグ 【海外セレブトートバック ...


節分の豆まき

setubunn.gif節分では豆まきを神社仏閣や幼稚園・保育園が行事の一環として行っていますが・・・
そして大きな神社仏閣では、節分の日にイベントとして芸能人・スポーツ選手など有名人が来て豆をまくことが行われ多くの参拝客がつめかけますね。


しかし家庭で節分の豆まきを行う家庭が少なくなりましたね。
昭和30年代は我家の周りでも大きな声で「福は内、鬼は外」の声と共に豆まきをやる家が多かったのですがね。

maemakimasu.jpgわが家の節分の当日は朝豆を炒って1升枡に炒れ神棚にお供えして置いたのを父が帰ってから食事の前に大きな声で「福は内鬼は外」と豆を蒔いてから豆を年の数だけ食べましたね。
現在もこの1升枡を使って豆まきをしています、但し豆は自宅で炒るのでなくスーパーで購入したものですが・・・

現在も我家では日本の行事を大切にしているので豆まきを行っていますが、以前に比べると「福は内、鬼は外」の声が小さくなりました。
そして豆をいただきます(年の数の60以上も食べられないので6個に省略していますが)

豆まきは年男または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は病気にならず長生きすると言われています。
豆をまくことで邪気が祓われ、それを食べることで鬼を食べてしまうという意味になります。

節分に食べると縁起が良いとされる恵方巻きは近畿地方を中心とした風習でしたが最近は全国的に広がってきましたね。

寒い冬から温かい春を呼ぶ日本の行事として神社やお寺でのイベント化されたお祭り騒ぎでなく家庭での豆まきの継承、復活を期待したいです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。